オリジナルペンライトの作り方

【オリジナルペンライトの作り方】

English version→http://jun-chai.com/1849.html
※オリジナルペンライトの作り方を紹介しますが、作ることを推奨しているわけではありません。
オリジナルペンライトは、使用不可の会場もあるからです。
TheKingは現時点(2018年8月)でofficialペンライトの販売がないので今回行く会場では特に禁止にされていません。

こちらで紹介を致しますが、購入や利用については自己責任でお願いいたします。

ペンライトは、二種類紹介します。

  • 【kingbladeキングブレードタイプ】
  • 【アクリル板に白ペンで書き込むタイプ】

 

【kingbladeキングブレードタイプ】

必要な物

キングブレードとは、ルイファンジャパンさんから販売されている商品です。
私と同じような物を作りたい場合、キングブレードの「シャイニングタイプ」の購入が必要です。
ややこしくて申し訳ないのですが、私はこの星型もほしかったので、「プリンス」というタイプを購入しました。

「プリンス」は
キングブレードシャイニングタイプ+星型チューブの商品です。
筒型チューブの中に「キラキラシート」が入っている物がシャイニングタイプです。

余談☆

星形は、スモークタイプなので、中に文字を入れるのではなく外側にシールを貼って使います。
アルファベットシールは添付されていました。
↓これは、星型(プリンス)と、ハート型(プリンセス)です。

シャイニングシートと、アクリルチューブの間に入れるシートを作ります。
pictbearというソフトにお世話になりました。
理由は、紙の大きさをcmで決定できるからです。
ソフトをダウンロードしたら、起動して

新規作成で

サイズを決めます。
計測すると分かりますがシートのサイズはだいたい8.8×14.3です。ピッタリにするとシートの出し入れが大変なので、少し大きめの9.5×14.5で私は作りました。

好きな文字を入力して出来上がり。プリントして、切ったら、シートは出来上がりです…

出来上がったシートをアクリルチューブに入れて、


シャイニングシートを入れて、出来上がりです。
画像は、thekingのロゴをさらにシャイニングシートの下に入れたものです。ロゴの使用は通常認められないので、咎められたら抜く予定です。

私は、OHPフィルムという透明なシートに印刷しました。

普通のコピー用紙でもキレイだということでしたのでコピー用紙でも作ってみました。
こんな感じです。コピー用紙だと透明よりは厚くなるので重ねたい場合はちょっと光が抑えられるかもしれません。

※キングブレードは、X10ⅡNeoのリンクを貼りましたが、スマートフォンでカラーチューニングの出来るX10ⅢNeoという商品もあります。

kingbladeだなんて、destinyだと思いませんか?

 

【アクリル板に白ペンで書き込むタイプ】

トゥインクルライト星型 私が購入したamazonさんでは現在取り扱いがないようです。欠品?

楽天さんにあるようです。https://item.rakuten.co.jp/penlightfarm/10000001/

これは、付属のペンでアクリル板部分に好きなように描いたり書いたりすれば出来上がりです。
明るい場所だと、「えっ?」という感じですが、

暗い場所だととてもキレイです。

  

これも、思いっきりロゴを描いてしまっているので、会場でお咎めがあったら、すぐに他の描きこみ出来るようにペンを持っています。アルコールで消えて、再びかけます。