かってにコラム?, きょうの1まい

昨夜?今朝?セジンさんが夜中にした投稿・仲間が新曲リリースとのこと。

日中にチェランさんとバウルさんもInstagramにpostされていたのですが、韓国語だからわからないとかではなく、説明がなかったので、紹介しているartistが

  • 友達なのか
  • 彼らが好きな人なのか
  • 有名な歌なのか
  • 彼らの仕事関係の人なのか

が、よくわかりませんでた。
しかも彼らの利用している音楽アプリがどこの何なのか?私も使えるものなのか?もいつもよくわかりませんでした。

が、セジンさんがしたpostは説明が添えてあり、この曲はセジンさんのcrew…仕事仲間だと思われます…が出した新曲らしいことがわかりました。

英語だからわかるんじゃなくて、説明が添えてあるからわかりました。

やっぱりセジンさんて仕事出来るなーと思いました。
これは、私の勝手な評価ですが、真心や大きな声だけでは、何も伝わりません。

artistが仲間のartistの仕事を称えて、多くの人に広めたいと思ったら、情報は簡単にでも添えることが「伝える」ということだと思います。

私は、せじんさんの投稿(post)で、せじんさんの仕事仲間の人がreleaseしたなら、興味持って聴いてみようと思い「zsang」というアーチスト名でiTunesで検索して、この曲を得られました。下記リンクからiTunesのこの曲のページに行かれます。

https://itunes.apple.com/jp/album/100-feat-wynn-single/1441084962

soundcloud にも曲を掲載されているようです。

YouTube
https://www.youtube.com/user/TorryKim

 

【以下・セジンさんの行為が美しいなと思う感想】

私が購入するかどうかまでは、セジンさんには決められません。

でも、少なくとも、説明を添えてくれることで、私が購入するかどうかの選択権は得られました。

「販売する」ということにガツガツするのは美しくないかもしれませんが、

ファンが「得られる」ために、手を差し伸べておく行為は、「親切」だと思います。

セジンさんは、先日のstamp(sticker)発売の際も、買うように促したりはしません。彼も購入して、彼がどれを気に入りました。という言葉を添えて、こういうのがありますよ。という提示をするpostをしていました。

本当に欲しい物なら「得られた」と感じますし、要らない物なら「売りつけられた」と感じます。

セジンさんは「得られた」と思える人に手を差し伸べていて、美しいと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です