blog, かってにコラム?, かなるびTHEKING

かなるびカナルビ/Knock Knock/THEKING

既に、2018年11月25日に音源としてリリースされているので、長期のファンには不必要なものですが、今回アルバムリリース…ディスクという形で…したので

新規の方々もいらっしゃるかしら?

と、思いまして作りました。

事務所の先輩SungHoonソンフンさんの出演している韓国ドラマ

「私は道で芸能人を拾った 나는길에서연예인을주웠다」
の挿入歌になっている knockknock

…歌詞をかみしめるとちょっとつらい曲ですが、キレイなメロディと声の歌です。

アルバムはブロコリストアで購入できます。
http://store.brokore.com/i/5201190002

EXOのチャニョルがgrowlで「3分1秒の男」なら

我らがTHEKINGのすんじぇは、このknock knockで「2分50秒のパワーヴォーカル」です。

歌が好きで歌手、歌がうまくて歌手。

プロならうまくて当たり前かもしれません。

スポーツやお稽古事がそうですが、ベストでいながらも努力を重ねていると、ある日ピョンって伸びますよね?

本人がどう思っているかわかりませんが、私はすんじぇはこの曲でグンッて伸びたと思いました。

この2分50秒の部分で、震えました。

すんじぇの声に。

いつもは、かわいいすんじぇのことを「うりすんじぇ♥」なんて思っていますが、この場面では本当に感動でした。

で、こういうすごい見せ場があるとかではないのですが、バウルもこの曲でグンッと伸びたと思います。

安定の歌声でさらに想いが入っている感じ?それがどんな想いなのかはわかりませんが、やはりバウルの声にも感動しました。

ステージではパートがありましたが、私はこの歌には최랑ちぇらんの声がコーラス以外にないと思っています。だから、THEKINGの歌の中では聴いていませんでした。

ステージではあの優しい声があって、本当に素敵なknock knockでした。

やっぱり、ディスクにステージのようにはっきりパートがあるように感じませんが、これからは聴きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です